「ほっ」と。キャンペーン

ようやく新しい生活に慣れて来たかな、というところです。少し時間が出来るとびおらを奏きます。もう少し時間があると絵やブログに回せるのですけど・・・なんとかならんかなぁ。  by 村尾 素

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
びおらのCD
<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
梅雨の前に
梅雨のはしりというのだろうか、雨がちの空模様が続いている。今日も朝から曇り、昼過ぎにはまた降り出すといった按配。きのうは晴れていたけれど、じんわりと汗ばむ陽気だった。梅雨の気配濃厚。

湿気が多くなってくると、普段感じていなかったにおいに気づかされて、ちょっと驚くことがある。駅に向かう階段の両側はかなり草ぼうぼうの藪なのだが、今朝そこを降りているとき、木と草々と土のにおいの入り混じったなんともいえないにおい、青々とした草いきれとはまた違う、もっと濃厚で雑然としたむっとするにおいに、そういえば小さいころこれと同じような・・・と家の隣にあった空き地の記憶が突然蘇った。



こんなときは必ず雨になる。

降り出してしまうと、においはごちゃごちゃになり、どれがどのにおいともつかず、ただ、雨のにおいになる。



今朝は、朝起きてすぐに野鳥の声を聞いた。あれはたぶんキビダキだろうと思う。まだほの暗い静けさのなか、ほんの三、四声響き渡るのを聞いただけなのに、なんて気分がすっきりするのだろう。まるで身体の何かが呼び覚まされたみたいな清々しさは職場でも一日続き、何時間も経っている今になっても、その声は耳に残っているし、身体にも感覚が残っている。

そういえば去年の夏、ヒグラシを聞いたときもそうだった。あれは夕刻だったけれど。

蘇る記憶がここにも。



実山椒を買って帰りました。湯通しして冷凍しておき、煮魚などに少しずつ使います。
[PR]
by muraom | 2005-06-02 23:34 | みちくさ
青梅
今日から6月。店頭に山のように青梅が積み上げられているのを見て、梅雨が間近なのをあらためて知らされる。それにしてもなんという鮮やかな色なのだろう。うっすらと産毛が生えて、形がまたとても愛らしい。今年は諦めたはずの梅干漬けなのに、いつのまにか、どうにか時間を作れないかなぁと考え始めている。

というのも、梅仕事は梅雨の間の楽しみであるばかりでなく、夏を迎える準備でもあるからだ。面倒ではあるけれど、この仕事のおかげで、何とはなく、夏を迎える区切りがついていたのかもしれない。大掃除のように、季節を肌で感じ、心身ともにモードを切り替える、節目の作業なのだ。(そういえば大掃除からもう半年にもなる!)

節目の仕事や行事、今年はそのうちいくつ出来るだろうか。


梅漬けは、やはり今年は見送ろう。来年こそは漬けられるように、その余裕ができるようにと願いつつ、今は自分を充実させるべく励むことにする。無理は禁物。でも残念。
[PR]
by muraom | 2005-06-01 22:50 | みちくさ

Copyright (c) 2004-2005 Murao Moto All rights reserved