ようやく新しい生活に慣れて来たかな、というところです。少し時間が出来るとびおらを奏きます。もう少し時間があると絵やブログに回せるのですけど・・・なんとかならんかなぁ。  by 村尾 素

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
びおらのCD
カテゴリ:あれこれ( 7 )
寝る子は・・・
そういえば、学生時代は実によく寝ていました。
授業中に、ですが。
まともに起きていられるのは朝の一限目と空きっ腹の四限目くらい、
深夜放送には縁が無かったし、
他に何をしていたわけでもなかったのに、
あとの時間はもうひたすら眠くて眠くて。

両親はご存知あるはずもなく、
(高い授業料払って、寝に行かせているとは)
本人もぜんぜん不審に思わず。
(周りもみんな眠かった)

女子中・高生時代、真っ先に思い出すのがこのこと・・・
b0014893_20165318.jpg花も恥らう乙女のころの、
大半を寝て過ごしてしまったんだなぁ
と、今ようやく気付いたのでした。(笑)
[PR]
by muraom | 2005-03-13 17:30 | あれこれ
初日
雨の日のスタートになりました。

朝、駅に向かっていると、近付くにつれ速足の人影が増えて
その足音で、勤め人になったこと、実感したのでした。

勤め先は電車で二駅。
オフィスというより、ラボのようなおもむきです。

案外緊張してないな、と思っていたら、
夜の今になってじわりと疲れが・・・
やっぱり緊張していたようです。(笑)

これから二週間の間、引き継ぎです。
勉強することがたくさんたくさん!
週末はできるだけ読書をします。

ちょっと大変ですけれど、
今まで知らなかったことが分るようになったり、
いろいろなひとと知り合えたりするのが、
いま、すごく楽しみで、
がんばろうと思えるのは、それでかもしれないです。

(学生のころは、どうしてあんなに勉強がつまらなかったのだろう・・・
気付かなかった自分がアホなのか、
テストなんかがあったのがいけないのか、
b0014893_8413933.jpgいろいろだろうと思うけれど、
つくづく、もったいないことをしたなぁ。。。
でも、それがあったから今の自分があると思えば、
すっかりムダというもんでもない、と思ってみたり。(笑))
[PR]
by muraom | 2005-03-12 01:11 | あれこれ
衣装箱も出しっぱなし
先週末のアイスボックスのような寒さ、
あれは一体何だったんだろう。

きょうはもう別天地のような暖かさでした。
あぁもう分厚いコートやセーターなんか、
全部しまってしまいたいくらい。

いやいや、そんなことして、
ひどく後悔する羽目になったらつまらない。
「暑さ寒さも彼岸まで」
あと一週間の辛抱だ・・・

一方で
春の衣装を出してみる。
薄手のジャケットとかカーディガンとか。
ブラウスもいいな、やっぱり春なんだもの。
ついでにコットンのセーターも出しとこっと。

って・・・
タンスがいっぱいで大変なことに・・・!
[PR]
by muraom | 2005-03-09 00:13 | あれこれ
風邪っぴきの雪見かな
扁桃腺を腫らすとそれだけでは収まらず、たいてい風邪ひきになってしまいます。今はちょうどその中間。そのうえまぁ雪まで降ってしまって。

   雪は豊年の瑞
      雪が多く降るのは豊年の前兆であるということ。「雪は五穀の精」とも。
                                       (広辞苑より)

どうせ身動きできないのだから、これを勿怪の幸い、アルバイトの原稿書きと読書で過ごすことにします。食糧さえあれば怖いものなし。

とはいえ、この有様ではびおらのおさらいは諦めないと。それがちょっとつらいな。。。
[PR]
by muraom | 2005-03-04 11:16 | あれこれ
春はどこから
きのうほどではないけれど、きょうも晴れてまずまず穏やかな日和。でもこれはまだまだ冬の暖かさで、ほんとうの春の暖かさを迎えるにはこれからまだまだ山あり谷あり。西の大陸の高気圧が冬眠から覚め、太平洋の玉座に鎮座ましますまで、その道のりはなかなか大変です。

いや、大変なのは高気圧ではなくて、天が下に住んでいる衆生ども、つまりは自分たちなのでした。なにしろ晴れが三日と続かないなんてザラ。ひどいときには雪降りだの春の嵐だの春雷だの。特に春の嵐は秋のそれと違って分別容赦なんてまるで無くて、降るわ吹くわ・・・人間のそのころを「思春期」とはつくづくよく言ったものです。

そういえば「春のうららの」とか「春の小川はさらさら」なんて歌があるけれど、うららかな春は、そういった激しい、時には暴力的な、季節の移り変わりの苦しみの合間にぽつぽつ、申し訳程度にあるばかり。4月に入り気候がようやく落ち着いたかなと思ったら、下旬にはもうなんだか汗ばむような初夏の陽気になってしまうのです。

うららかな春、のどかな春、春よ来いの春を楽しめるのは、ほんとうにほんのいっとき。だからこそそのときを逃さず精一杯季節の息吹を感じ取りたい・・・と言って、花粉症などというものがこう幅を利かしていては思うにまかせないのでした。

春はもうほとんど「疎ましい季節」になりかけているのかも。もしそうだとすると、どうもどちらにも気の毒な話だなぁ。。。
[PR]
by muraom | 2005-03-01 12:36 | あれこれ
手編みのセーター
三寒四温の言葉通り、少しずつ少しずつ、暖かくなってきました。
今年の冬はあまりセーターを着なかったな。。。

母は裁縫も刺繍も、手芸全般何でもしましたが、ことに編み物が得意で、
デザインを自分で考えては、今でもときどき編んでくれます。
そういった手編みのセーターが何枚もあるのです。

しかしそれにしても・・・
冬がずいぶん暖かくなりました。
ときおり寒い日があると、それっと着込んで出かけるのですが、
どこも暖房がよく効いていて、ジャケットと一緒に脱ぐことになってしまう。

セーターには難しい世の中になりました。

それでも、やっぱり、手編みのセーターが大好きです。
形も色も柄も自分にしっくりと似合い、
手間と時間を惜しまず作られた・・・
とてもとても贅沢なおしゃれ。

普段着でいいのよ、と母は言いますが、もったいなくって。
しかしこうも暖かくては、着て出る機会になかなか恵まれませんでした。
いいや、また来年・・・
一枚ずつそっと洗いして、しまっておこう。

そろそろ、そんな季節です。
[PR]
by muraom | 2005-02-18 10:45 | あれこれ
カテゴリを新設しました
「想うこと」というカテゴリです。

小さいころから、整理とか片付けが苦手で、
カテゴリも持て余してしいます。
でも、この前、過去の記事を探していて、ちょっと難儀をしたので、
多少は細かく分類したほうがいいかな、と。

それでも、ひとの想いなんて、そうそう簡単に仕分けできない。
音楽を聴いていると、昔の出来事が思い出されて、
それで今の自分をあらためて見つめてみることになったりとか。
ひとの想いも行動も、いろいろにつながっているものを、
そんなのどうしてうまく分類できるかなぁ。

それやこれやで、カテゴリの名前にも悩んでしまう。
そんなの、自分だけかなぁ。。。
[PR]
by muraom | 2005-02-16 17:21 | あれこれ

Copyright (c) 2004-2005 Murao Moto All rights reserved